出口ゼロが恐怖感染みる恐ろしい筋道

少年コミックの本質みたいな絵柄に惹かれてヨアケモノを読むと、初っ端から介錯シーンで吹きました。軽い感じのメインとは裏腹に悪徳コマが出てきてビックリですが、どうしてもちょっと違う発展になっています。そこでなんとかヨアケモノ本文として、決戦は1864歳のある山、山犬という少年両方が現れます。一団の侍陣を斬り投げ棄てめくる彼等は、やたら強かったですね。こういう両方は京へって向かい、新撰チームを求めて置換開業だ。そこには上腕自慢の剣客陣が努力を受けに集まっていて、殺伐としたニュアンスとなっています。カテゴリーも生年月日も縁薄い新撰チームは剣が一部始終で、彼等も成り上がる事がOKにつきある。血液の臭いがするタイプがいっぱいある京のストリートには、どこかに獣が混じっているみたいです。そんな時、新撰チームの努力はストップとして、長州の間者が出たとかなんとかで騒ぎになっていました。山犬たちは、それを時機と見て、恩知らずを見つけ出そうとするわけですね。人相書きを見ると、普通にストリートを歩いていた父親です事が露見する。そんな感じで侍狩りとなりますが、そこで心苦しい別れが待っていました。なんていう病みつき性があるトレンドだけに、掴むのが立ち寄りませんでした。本当に亡ぼした相手がイモリの怪物とか、更に何が起こっているのかわかりません。ヨアケモノというだけに獣系のキャラが多いという気配なのでしょうか。まだまだ始めだけに、先ほどが読めませんが、まだまだ面白くなってきましたね。どんだけ怪物キャラが出てくるのか判らないレベルの抵抗が連発で、爆笑コースに熱いだ。